« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/22

The 96

Fh000006__2

Harley-Davidsonの2007年モデルが発表になりました。
これまでは一部のモデルだけだったのですが、
ほとんどがインジェクションになりました。
で、排気量が88cubic inch(1450cc)から96cubic inch(1584cc)へ。
そして、トランスミッションは6速へ。
ハーレーも着実に進歩していますね^^
Webサイトも凝った作りで、見てて楽しい。この辺はやっぱ日本は遅れてますね;

3年前、旅行でハワイに行ったとき、ハーレーをレンタルしたことがあります。
その時はたまたまファクトリーカスタムの1550ccのロードキングでしたけど、
とっても早かったぁ。
朝から夕方までオアフ島一周してフリーウェイも走ったけど、
後ろに奥さん乗せてても、あっという間にスピード出ちゃって、すぐに前の車に
追いついてしまうって感じでした。

国産のリッターバイクとかイタリアのDOCATIに乗らせてもらったことがありますけど、
ビュンビュンスピード出るし、これが100キロなのって思わせる安定感。
ブレーキも良く効くし。
DOCATIのショップの人は120キロからが楽しいなんて言ってました;
でもどうなんですかね。100キロオーバーしないと楽しめないのでしょうか?
(そもそも120キロはイハンですね;)

ところで、僕のハーレーは1992年のEVOLUTIONというエンジンで1340cc。
排気量の割にはとっても遅くて・・・(笑)
正直、国産の400と変わんない気がする。スピードという意味で。
乗り物にはそれぞれ気持ちの良い速度がありますよね。
身も心もリラックスして走れる速度が。
僕のハーレーの場合は70~80キロくらいかな。
そのくらいの速度で、緩やかな上りの山道をアクセルゆっくり開けながらなんて、
ほんと最高!
60キロとかでのんびりと晴れた空、雲を眺めながらなんてのもいいっ。
ということで、僕はゆっくり走るのが好きです。

しかし、やっぱりピカピカの2007年モデルも気になります(爆)
6速でドコドコ走れるし、冬でも一発始動だし、押しがけなんて無縁だろうし(爆)

さてさて、ソロソロ梅雨明けですねー(o^-^o)ワクワク♪





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/09

解像度って?

_fh010015

↑とは関係ないですが(笑)、
近ごろはセール期間でどこのお店もセールやってましたので、
町田でたくさん買い物してきました^^*
マルイに行ってハンズに行ってヨドバシに行って東急に行って、ヘトヘトです;

とまあそんなわけで、ヨドバシで最新のデジタル一眼の展示品触ったりしましたけど、
シャッター音に感動してしまいましたっ。
なんというか、カシャとキャシャとキュイーン(??)が混ざったような音で、
カッコよくて、とっても快感^^*
ずっと押してるとどんどん撮れるし(驚)
PENTAX ME の場合は、パカとカタンが混ざった感じで、
連写なんてとんでもありません;
半押しでしっかりフォーカス合わてくれるし(しかも実にスマートにっ)
なんかいろいろとイジリたくなるような設定もいっぱいあるし。
そしてお値段はワォって感じ(汗汗)
高ぶる気持ちを押さえつつ(高ぶってもしょーもないんだけど)、
次はスキャナコーナーへ。

続きを読む "解像度って?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/02

広角レンズ

_fh000020_1

新しいレンズ(smc PENTAX-M 1:2.8 28mm)です^^
オークションでゲットしました。
広角なので広い範囲のダイナミックな写真が撮れます(たぶん^^)
大きな銀杏の木を見上げた感じで撮ろうとしたときに、
おさまりきらないので、やっぱ広角かな?なんて思いつつ探していました。
最新のレンズとは違って1諭吉で英世が戻ってくるので気楽です^^
早くフィールドで撮りたいんだけど、梅雨真っ只中~;

最近は買いだめしたISO100のフィルムで室内で撮ってたから、
やっぱり手ブレしちゃって。
なのでミニ三脚(SLIK S-200)もゲット。
三脚もピンキリですねぇ~。三脚は良い物をというアドバイスも頂きましたけど。
やっぱり、とりあえずワンコ目線で撮れる小さいものにしてみました。
そして、手ブレとワンコの被写体ブレに打ち勝つために、ISO400のフィルムも買いだめました^^

Lavi 半開き×2

ところで梅雨ってこんなに雨降るんでしたっけ?
雨の日が好きになれたらきっとずいぶん楽だろうな;




| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »